リスクマネジメント・コンサルティング

アルマックでは、さまざまなリスクマネジメント・サービスを展開しています。

リスクマネジメントの体制作り

1・CRO、リスクマネジャーの養成
リスクマネジメントの理解のための教育(研修)

2・委員会の設立
経営の意思決定スピードを上げます。

3・リスクマネジメント本部の構築
リスクマネジメント実務のための組織作りをします。

4・定期的な会議の開催
プロジェクト全体のチェック

リスクマネジメント・コンサルティング

1・リスクマネジメント監査
内部告発を誘発するリスクを軽減、低減します。

2・社内規定作り(財務規定含む)
中小企業会計基準、社会福祉法人新会計基準で、
リスク監査レポート、重要規定が必須なため

3・リスクマネジメント実務の遂行

4・納税コンサルティング
適切な納税ができているかチェックいたします。

浦嶋_01b日本アルマックのコンサルティングのポイントは、以下のようになります。

1. 理念・・・

企業はどの方向に向かうか。人の意識は千差万別。 それぞれがばらばらでは企業、団体は成り立ちません。 法人の存在理由を明らかにするために、まず、理念を 明らかに提示します。

2.決算書・・・

経営は数字です。決算書は過去の結果が出ています。 現状を調査分析し、無理のない継続的な目標値を決めて先を見通していきます。例えば一

億円の売り上げの利益は 100 万円であった場合は、何年後かに 1000 万円の利益に持って いけないかなど、具体的な目標値など決算書から導きだしていきます。

3.形、数字を具体的に見えるようにする

・・・目標と時期を明らかに リスクがなんであるか、数字に落としどこまで行動していくか目標を決め、実践していき ます。下記は一例です。

リスクマトリクス_社内P(例)

4.経営資源

売上げは経営資源の利回りです。

経営資源の利回りが売り上げ?・・・資産の長所、短所から、開 発改善。
経営資産の長所、短所を分析して いきます。
必要であれば、開発改 善をしていきます。
ここが売上に 直結します。

 

 

浦嶋_05

5.人材

・・・教育 人材は、資産のゼロから1を生み出す大事な宝です。教育の 重要性を考え直しましょう。リスクマネジメントで経営の意 識を持ち自立した人材を作っていきましょう。

 

経営の基盤

【各部署の共通の OS であるリスクマネジメント経営】
共通の意識を持つことが教育の目的であり、総じて、経営の決定のスピードがあがることでしょう。

6.ルールづくり

・・・教育 経営理念に基づいた、骨組みの部分、労働規定、リスクマネジメント規定書などを作っていきます。
また、それを定着するためにも、教育が必要になります。

7.PDCA(マネジメントサイクル)をチェックしながら改善を繰り返します。

【組織づくり:例】

リスクマネジメントの組織づくり例
大きな企業の場合では、各部署に 3 名ずつ配置。 小さな企業では、社長、現場担当者など、経営管理側と、現場側、間の人と 3 人が分かっ ていることにしましょう。新しい流れを作りますので、一人、二人では、組織と成り立ち ません。支持や命令を出す人と、実行する人の間に、チェックや相談ができる人を作ります。
リスクマネジメントは一人では絶対にできません。

リスクマネジメントの流れ

コンサルティングは、ご相談いたしますので、お気軽にお問い合わせ
ください。
form

Copyright(c) 2013 NIPPON ALMAC CO.,LTD All Rights Reserved.